ファストフード店のコーラのカップの底から生きたゴキブリ5匹―中国

ファストフード店のコーラのカップの底から生きたゴキブリ5匹―中国

6日、財経網は、中国のファストフード店でコーラを飲んだ男性が、カップの底から生きたゴキブリ5匹を発見したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はコーラ。

2019年7月6日、財経網は、中国のファストフード店でコーラを飲んだ男性が、カップの底から生きたゴキブリ5匹を発見したと伝えた。

記事によると、広東省深セン市福田にあるファストフード店で2日、ビーフンとコーラを注文した康(カン)さんが、コーラを飲み終えたところでカップの底に生きたゴキブリが5匹いることに気が付いたという。このうち2匹はゴマ粒ほどの大きさで、2匹は緑豆ほどの大きさだったという。

康さんは、すぐに嘔吐したが、店は康さんを病院へ連れて行き検査を受けさせた。医師は、何の問題も検出されなかったが、後でウイルス感染する可能性も否定できないと話したという。店側は過失があったことを認め賠償金1000元(約1万6000円)を支払うことを申し出たが、康さんは受け入れられないと受け取りを拒否した。

事件後、ドリンクマシーンは使用停止となった。店側によると、マシーンのホースや注ぎ口は毎日清掃していたという。しかし、マシーンの中には糖分が残るためゴキブリを引き寄せやすく、注ぎ口を外した後にきちんと密封しておかなかったため、ゴキブリが侵入した可能性があるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「見ただけで私も吐き気がしてきた」「なんて不衛生な店だ」「こんな店がまだ営業できているのか?」などのコメントや、「すぐに胃洗浄した方がいい」「1000元じゃ絶対に許せないだろ」「賠償なら1万元だろう。ことが大きくなれば10万元は必要だ」などの意見が寄せられた。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)