日本人女性、上海の街なかで大型犬にかまれ重傷―中国メディア

日本人女性、上海の街なかで大型犬にかまれ重傷―中国メディア

7日、澎湃新聞によると、上海市で日本人女性が大型犬にかまれて重傷を負うトラブルが発生した。

2019年7月7日、澎湃新聞によると、上海市で日本人女性が大型犬にかまれて重傷を負うトラブルが発生した。

記事によると、6日午後6時過ぎ(現地時間)、日本人女性が娘と同市閔行区の歩道を歩いていたところ、すれ違った大型犬に突然襲われ左腕をかまれた。飼い主は必死に犬を放そうとロープを引っ張ったが、犬の力が強くなかなか引き離せなかったという。

ネットユーザーが提供した写真を見ると、女性は地面に倒れており、腕から血が流れている。女性は救急車で病院に運ばれ、傷口の消毒や破傷風の予防注射を受けた。医師によると、傷口は複数個所あり、最大で10センチほどの重傷だったとのことだ。

女性をかんだ犬は登録証があり、ロープにもつながれていたが、口輪は付けていなかった。上海市の条例では、大型犬に口輪を装着していない場合20元(約315円)以上200元(約3150円)以下の罰金に処されるという。また、犬種はロットワイラーで、同市の条例で個人飼育が禁止されている「烈性犬」だった。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)