日本製品ボイコット!韓国のスーパーから次々撤去される日本製品―中国メディア

日本製品ボイコット!韓国のスーパーから次々撤去される日本製品―中国メディア

中国中央テレビのニュースサイト・央視網は7日、「日本製品ボイコット!。日本の半導体材料輸出制限が韓国の怒りを呼び起こす」と題する記事を掲載した。写真は韓国のスーパー(資料写真)。

中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイト・央視網は7日、「日本製品ボイコット!。日本の半導体材料輸出制限が韓国の怒りを呼び起こす」と題する記事を掲載した。

日本政府は1日、半導体材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)に関する対韓輸出規制を発表。4日から実行に移された。また、8月には安全保障上の友好国に対して軍事分野への転用の恐れがある先端材料の輸出時の許可を免除する「ホワイト国」リストから韓国を除外する方針だ。

記事は、「こうした措置に対する韓国国民の反応は強烈で、反日感情が高まっている。ネット上では日本の自動車企業をボイコットせよとの言論が後を絶たず。そのほかにも、家電や化粧品、電子製品などにも影響が及んでいる」と伝えた。

また、スーパーの陳列棚に「日本製品、売るな!買うな!」と書かれた紙が貼られている様子を写した写真を掲載し、「ソウル市内のスーパーでは、日本製のビールなどを棚から撤去された。菓子や食品コーナーからも日本製品が消えた」などと伝えた。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)