神奈川県の駐車場で中国人女性の遺体発見=「恐ろしい」と中国でも注目、「日本は危険」に反論も

神奈川県の駐車場で中国人女性の遺体発見=「恐ろしい」と中国でも注目、「日本は危険」に反論も

6日午後、神奈川県真鶴町の駐車場に止められた車から、千葉県在住の中国籍の女性・李小明(リー・シアオミン)さん(45)の遺体が発見された。事件は中国でも報じられ、注目を集めている。資料写真。

6日午後、神奈川県真鶴町の駐車場に止められた車から、千葉県在住の中国籍の女性・李小明(リー・シアオミン)さん(45)の遺体が発見された。事件は中国でも報じられ、注目を集めている。

李さんの遺体の背中には、刃物のようなもので刺された傷が複数確認された。警察は、別の場所で殺害された後に現場に運ばれたものとみて、殺人と死体遺棄の疑いで捜査を進めている。

中国メディアの環球網は、日本の報道を引用する形で「李さんは中学2年生の息子と2人暮らし。6月28日に行方が分からなくなった。30日に息子から通報を受け、警察が捜査を始めていた。遺体は関係機関に送られ、死因を調べるため司法解剖が行われている」などと伝えた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「日本の駐車場で中国人女性の遺体発見」が検索キーワードランキングで上位に入るなど注目を集めており、環球網の投稿にも2500件近くのコメントが寄せられている。

ネットユーザーからは「犯人を探し出して、厳罰に処してもらいたい」「真相究明を求む。亡くなった方のご冥福を」「恐ろしい。女性に対してどうしてこれほどの悪意を持つに至ったのか」「この世界で犯罪は永遠になくならない。自分で自分の身を守るしかない」といったコメントが寄せられた。

また、「息子さんがかわいそう。一人になって、これからどうするのか」「また海外で殺人事件か。中学生の息子を思うと心が痛む」との声や、「背中に複数の刺し傷…顔見知りの犯行か」「どうか、加害者が中国人ではありませんように」といった声も上がった。

このほか、一部で「日本は危険だから行かない方がいい」とのコメントも見られたが、これに対しては「中国は安全だとでも?」「最近、中国でも凶悪事件が起きた。殺人事件がない場所なんてあるのか?」「現実的に考えれば、日本は安全な方」「欧米や日本に行ったことがあるが、日本は本当に安全だった」などの反論が寄せられ、多くの共感を集めている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)