日本の輸出規制に韓国人「日本製品ボイコットはわれわれの使命」―中国メディア

日本の輸出規制に韓国人「日本製品ボイコットはわれわれの使命」―中国メディア

韓国で起きた「日本製品ボイコット運動」をめぐり、中国メディア・観察者網は8日、「日本製品ボイコットはわれわれの使命」との声が上がったと報じた。資料写真。

日本政府による輸出規制をきっかけに韓国で起きた「日本製品ボイコット運動」をめぐり、中国メディア・観察者網は8日、「日本製品ボイコットはわれわれの使命」との声が韓国側から上がったと報じた。

日本政府が半導体材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)に関する対韓輸出規制を発表したことを受け、韓国では日本製品ボイコットを呼び掛ける声が上がった。記事によると、5日、ソウルの日本大使館近くで日本製品の販売停止を宣言するなどした団体の関係者は、「売り上げの減少が予測されるが、それは問題ではない」との考えを示した上で「日本製品のボイコットはわれわれの使命」と述べたという。

記事はまた、ソウルのスーパーマーケットで海外メディアの取材を受けた客の多くはボイコット支持を表明したと説明。ある人は「歴史を振り返ってみると、間違っているのは日本の方。なぜ日本が韓国に報復(輸出規制)しなければならないのか」と話したそうだ。

記事は「日本の輸出規制は韓国経済に負の影響を与える」との見方を示すとともに、消息筋の話として「日本の輸出規制は日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の元徴用工判決に対する報復措置」と指摘した。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)