「韓国語が下手」=韓国人夫がベトナム人妻を暴行、2歳子どもの目の前で―中国メディア

「韓国語が下手」=韓国人夫がベトナム人妻を暴行、2歳子どもの目の前で―中国メディア

中国メディアの看看新聞網は8日、「このベトナム人妻の最も流ちょうな韓国語は『ごめんなさい、たたかないで』」と題する記事を掲載した。資料写真。

中国メディアの看看新聞網は8日、「このベトナム人妻の最も流ちょうな韓国語は『ごめんなさい、たたかないで』」と題する記事を掲載。韓国で発生した家庭内暴力(DV)事件を伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、韓国全羅南道の地元警察は6日、ベトナム出身の妻に暴行を加えた疑いで36歳の韓国人の男を逮捕した。男は4日、「韓国語が下手」なことを理由に自宅で妻に殴る蹴るの暴行を加えた疑いが持たれている。妻はろっ骨を骨折するなどし、全治4週間以上と診断されたという。

隠し撮りされたとみられる現場の映像には、驚いて大泣きする2歳の子どもの目の前で、男が妻に暴行を加える様子が映っている。妻は警察に対し、「3年前に夫と知り合って、出産のためにベトナムに帰国した。今年6月に韓国に戻ってきて夫と生活を始めた。6月末ごろから、夫は酒を飲むと『韓国語が下手』という理由で暴力を振るうようになった」などと話したという。

また、暴行を受けるたびに「ごめんなさい、たたかないで」と許しを求めていたことから、最も流ちょうな韓国語がその言葉だったと記事は伝えている。

警察は、2歳の子どもに対して与えたショックが大きいとして、児童虐待の容疑でも捜査を進めているという。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)