ドイツ人選手が見た中国、「一番驚いたことは?」との質問の答えは…―独紙

ドイツ人選手が見た中国、「一番驚いたことは?」との質問の答えは…―独紙

9日、環球時報は、中国サッカー・スーパーリーグの天津泰達に所属する元ドイツ代表FWサンドロ・ワーグナーが語った中国や天津の印象について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2019年7月9日、環球時報によると、中国サッカー・スーパーリーグの天津泰達に所属する元ドイツ代表FWサンドロ・ワーグナーが、中国や天津の印象についてドイツ紙ビルトに語った。

同紙はブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘンから天津にやってきたワーグナーへのインタビューを掲載。ワーグナーは天津の印象について「この都市について全く知らなかったので、移籍が決まった時には地図で場所を探した。しかし来てみたら、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンのドイツ4大都市を合わせてもさらに大きい都市だった」とした。天津泰達でのプレーについては「チームの順位が少しずつ上がってきている。ここのピッチではいつも最高のパフォーマンスをしている。この点もクラブやファンから評価されているかな」と語った。

また、中国生活での最大の困難について質問されると「3人の子を連れて見知らぬ国に来て、全く違う文化や言葉に触れるというのは実に大きな変化だ。最初はショッピングで困難を感じたし、ドイツの友達に電話するときの時差の問題もあった。ドイツ人のチームメイトの助けにはとても感謝しているよ。天津にはフォルクスワーゲンの工場があって、同じ地域にドイツ人家庭が60世帯ほど暮らしている。まるでドイツ村で生活しているみたいだ」と語り、現在では周囲の助けもあって快適な日々を過ごしていることを明かしている。

さらに、「中国で生活していて一番驚いたことは?」との質問にワーグナーは「実のところ、非常にたくさんある。ドイツメディアの中国関連の報道はあまりポジティブなものではないが、中国は常に私にポジティブな驚きや喜びを与えてくれると言わなければならない」と答えたという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)