ロシア人学者「米国は中国なしでは1日も生きていけない」―中国メディア

ロシア人学者「米国は中国なしでは1日も生きていけない」―中国メディア

9日、中国のニュースサイトの参考消息網によると、ロシアの中国問題専門家、Sergei Mstislavsky氏はこのほど、同国メディアとのインタビューで、「米国は中国なしでは1日も生きていけない」と述べた。写真はニューヨーク。

2019年7月9日、中国のニュースサイトの参考消息網によると、ロシアの中国問題専門家、Sergei Mstislavsky氏はこのほど、同国メディアとのインタビューで、「米国は中国なしでは1日も生きていけない」と述べた。

ロシア諸民族友好大学とロシア国立人文大学の客員教授である同氏は、ロシアメディアСвободная Прессаとのインタビューで、「中国に対する米国の制裁は、単なる経済的な動きではなく、二つの世界観、文化コード、文明モデルの衝突だ」とする見方があることについて、「文明の衝突については時代により微妙な違いがあるが、私の意見では、トランプ米大統領はすべての決定において常に国内政策の問題を第一に考えている。米国社会の内部には深刻な意見の違いがあり、トランプ氏は、この文明間の対立を眠りから活発な状態へと変換しながら、状況をコントロールしようとしている。これは人為的な状況だ。米国は以前、そうしたやり方で日本製品に対処し、日本は米国の東洋における最良の友人となった。実際のところ、現代中国は、西側諸国と争う理由はない。その発展は普遍的な経済的価値と完全に一致している」とした。

「トランプ氏はなぜ、中国やロシアなど世界の大きなプレーヤーを積極的に攻撃しているのか」については、「遠く離れた隣人に『敵』というイメージを形成することは強力なツールの一つだ。それに副作用がないわけではないが。米国は現在の経済的現実において、中国なしでは1日も生きていけない。つまり紛争は宣伝であり、それは深刻ではない。絶交し貿易を停止することは双方にとって非常に不利だ。米国は、現在の中国の繁栄に非常に大きな貢献をしてきたと考えている。したがって、選ばれるのは中国だ。ロシアの状況は異なる。われわれは米国との間にそれほど深い相互依存関係を持っていない。したがって、米ロの対立は深刻な結果を招く可能性がある。だが米中の対立はそうならないだろう。両国は致命的な措置を講じないように全力を尽くして努力するからだ」とした。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)