慰安婦像に唾吐き「天皇陛下万歳」と叫んだ韓国人ら、その理由にネットが激怒「本当に韓国人なの?」

慰安婦像に唾吐き「天皇陛下万歳」と叫んだ韓国人ら、その理由にネットが激怒「本当に韓国人なの?」

10日、韓国・聯合ニュースによると、慰安婦像に唾を吐いて人々の怒りを買った韓国人青年らが「元慰安婦女性を嘲弄するためにした」と供述した。写真はソウルの慰安婦像。

2019年7月10日、韓国・聯合ニュースによると、慰安婦像に唾を吐いて人々の怒りを買った韓国人男性らが「元慰安婦女性を嘲弄(ちょうろう)するためにした」と供述した。また、男性らが事件当時、日本語で「天皇陛下万歳」と叫んでいたことも分かった。

記事によると、事件は今月6日、ソウル郊外の京畿道(キョンギド)安山(アンサン)市で発生した。20〜30代の男性4人組が同市にある慰安婦像に唾を吐いて腰を振るなどし、阻止しようとした市民と言い争いになった。当時、4人の中の1人が日本語を話していたことから、通報者は警察に「日本人だ」と伝えたというが、その後の取り調べで全員韓国人であることが判明した。

その後、侮辱容疑で起訴された4人は犯行動機について「慰安婦被害者を嘲弄するために行った」とし、日本語を使った理由についても「日本語を話せば慰安婦被害者にさらに侮辱感を与えられると思った」と供述したという。

元慰安婦らは当初「青年が誤った歴史認識を持つよう放置した韓国社会の責任もある」とし、「4人が謝罪すれば告訴しない」という立場を示していた。告訴した理由について、元慰安婦らが暮らす「ナヌムの家」のアン・シングォン所長は「最近青年らから連絡がきたが、謝罪をめぐって4人の中で意見が食い違っているようなのでとりあえず告訴状を出した」と説明したという。

これを受け、韓国のネット上では「本当に韓国人なの?」「意見が食い違うって何?」「これは国民感情を分裂させてけんかさせようとするスパイ」「こんな人がいるって事実に驚き」「国の恥」など4人に対して怒り心頭の様子で、「どうか許さないで」「身元を公開して」「強力な処罰が必要」と訴える声も上がっている。

その他「親の顔が見てみたい。家庭教育の重要さに気づかされた。歴史を忘れた民族に未来はない」「それもこれも学校の歴史の時間に居眠りして、インターネット掲示板で歴史を学んだせい」などと指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)