日立建機の中国法人がカナモト中国に大型油圧ショベル21台を出荷、その他

日立建機の中国法人がカナモト中国に大型油圧ショベル21台を出荷、その他

日立建機(中国)で9日、株式会社カナモトの中国法人でであるカナモト(中国)投資(所在地・上海市)向けの重掘削仕様の大型油圧ショベルZX490LCH-5A、21台の出荷式典が開催された(写真)

日立建機の中国法人、カナモト中国に大型油圧ショベル21台を出荷 / 試験サービス「MASTER CBT Plus(+)」が中国語対応など機能強化

●日立建機の中国法人、カナモト中国に大型油圧ショベル21台を出荷
中国安徽省合肥市にある日立建機(中国)で9日、株式会社カナモト(本社・札幌市)の中国法人でであるカナモト(中国)投資(所在地・上海市)向けの重掘削仕様の大型油圧ショベルZX490LCH-5A、21台の出荷式典が開催された。日立建機が2019年7月10日付で発表した。

日立建機の中国販売・サービス会社の日立建機(上海)が受注した。日立建機グループが、中国レンタル市場向け建設機械をカナモトから受注するのは初めてだった。株式会社カナモトは主に、北海道内向けの建設機械レンタル業を展開している。

●試験サービス「MASTER CBT Plus(+)」が中国語対応など機能強化
イー・コミュニケーションズは10日、コンピューターを使用して出題・受験を行うサービス、「MASTER CBT Plus(+)」に中国語(簡体字、中国大陸部で使われる略字体)など新たな機能を追加し、Ver1.1としてリリースしたと発表した。

MASTER CBT Plus(+)は国内ベンダーの先駆けとなった試験サービス「MASTER CBT」の後継サービスで、厳正・厳格な実施を望まれる入学試験・学内試験から、アニメや漫画・映画、アイドル、特定地域の知識を問うエンタメ検定等、幅広い分野で使用されているという。

バージョンアップによって動画出題ではきめ細かな設定が可能になり、表示言語では中国語が追加されるなど、利用者の利便性が向上した。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)