ジャッキー・チェンの“予言”が話題に、実写版「ムーラン」のリウ・イーフェイは「未来のビッグスター」

ジャッキー・チェンの“予言”が話題に、実写版「ムーラン」のリウ・イーフェイは「未来のビッグスター」

10日、ディズニーの実写版映画「ムーラン」でヒロインに起用された女優リウ・イーフェイについて、ジャッキー・チェンがその可能性を絶賛している過去の動画が話題になっている。

2019年7月10日、ディズニーの実写版映画「ムーラン」でヒロインに起用された女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)について、ジャッキー・チェン(成龍)がその可能性を絶賛している過去の動画が話題になっている。

1998年公開のアニメ「ムーラン」を実写化するこの映画は、中国の人気女優リウ・イーフェイをヒロインに起用。ディズニー・アニメーションではこのほど初のトレイラー映像を公開し、来春の全米公開に向けて少しずつそのイメージと内容が明らかになってきている。

リウ・イーフェイは過去に、ジャッキー・チェンとジェット・リー(李連杰)が夢の共演を果たした2008年の映画「ドラゴン・キングダム」でハリウッドデビューしている。公開当時、ジャッキー・チェンがテレビ局のインタビューに対し、「彼女は今の女優たちの中でも未来の星だ」と可能性を絶賛している動画が最近ネット上に登場し、その先見の明が「さすがだ」と話題に。なおジャッキー・チェンは、国際派女優コン・リー(鞏俐)の名を挙げ、「彼女に続くビッグスターになる」と太鼓判を押している。

ジャッキー・チェンの言葉通り、リウ・イーフェイは10年後に、ディズニー初の華人ヒロインに抜てきされるという輝かしい名誉を手にした。なお、実写版「ムーラン」には先駆者であるコン・リーも出演しており、悪役となる魔女を演じている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)