奈良のシカ、レジ袋誤食で死亡相次ぐ=中国ネット「外国人観光客を悪者扱いしないで」

奈良のシカ、レジ袋誤食で死亡相次ぐ=中国ネット「外国人観光客を悪者扱いしないで」

11日、奈良のシカがレジ袋などを誤って食べ、衰弱して死ぬケースが相次いでいることが、中国でも注目を集めている。資料写真。

2019年7月11日、奈良のシカがレジ袋などを誤って食べ、衰弱して死ぬケースが相次いでいることが、中国でも注目を集めている。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、「奈良公園にあるシカの保護団体、奈良の鹿愛護会によると、今年3月以降、公園で死んだシカ14頭のうち9頭の胃からレジ袋などのプラスチックごみが見つかった。死んだシカ9頭の胃袋からは、ひも状になって絡まったレジ袋や菓子袋などが見つかり、最大で4.3キロあった。うち3頭はプラスチックごみが原因で死んだとみられる。鹿せんべい以外の食べ物を与えるといった観光客のマナー低下が原因とみられる」などとする日本の報道が伝えられており、ウェイボーユーザーからは「かわいそう」「動物たちに罪はない」「彼らを守るのは人類の責任」「最新の科学で食べても胃の中で消化されるようなレジ袋を作れないものか」などの声が上がっていた。

一方で、「観光客のマナー低下というが、シカたちが観光客からいろんなものを奪って食べているのも事実」「外国人観光客を悪者扱いしないで」などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)