菅田将暉の愛称は「ソーダ」!中国版ツイッター初更新に大盛り上がり

菅田将暉の愛称は「ソーダ」!中国版ツイッター初更新に大盛り上がり

人気俳優の菅田将暉が10日、中国版ツイッター・微博に初投稿した。資料写真。

人気俳優の菅田将暉が10日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に初投稿した。これに対して寄せられたネットユーザーからのコメントは1日足らずで2万5000件を突破。「あああ」「大好き」といった声が飛び交う事態となっている。

菅田の微博アカウント開設は今月初旬のことだ。フォロワー数はぐんぐん伸び、11日午後4時現在で34万人に迫る勢いを見せている。10日の初投稿では「中国のファンの皆さん、こんにちは。初めまして。菅田将暉です。微博を始めました」と中国語であいさつし、微博で情報発信していきたいという考えやこれまでの応援に対する感謝の気持ちを伝えた上で、「これからもどうぞよろしくお願いします」と呼び掛けた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「あああ、来た!」「大好きです」「これからも全力で応援します」「『初めまして』じゃないよ。私の心には何年もいたから」「愛おしくてたまらない。これからたくさん更新して」などのコメントが寄せられた。

また、菅田を「ソーダ」を意味する中国語(蘇打=スーダー)で呼ぶ人もおり、「あああ!蘇打!お兄さん!更新したのね!愛してる」という書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)