「日本は世界最悪の不親切な国」ランキング結果に韓国ネットが異議「日本に行ってみて!」

「日本は世界最悪の不親切な国」英国慈善支援財団の発表に韓国人がネットで異議

記事まとめ

  • 韓国・国民日報が「日本は世界最悪の不親切な国だという調査結果が出た」と報じ話題に
  • 記事では英国慈善支援財団(CAF)の2018年世界寄付指数(World Giving Index)を紹介
  • 「他人を助けたか」の指数で、日本は144位中142位になったが、韓国のネットでは異議

「日本は世界最悪の不親切な国」ランキング結果に韓国ネットが異議「日本に行ってみて!」

「日本は世界最悪の不親切な国」ランキング結果に韓国ネットが異議「日本に行ってみて!」

12日、韓国・国民日報が「一般的に日本は親切な国として知られているが、世界最悪の不親切な国だという調査結果が出た」と報じ、注目を集めている。写真は東京。

2019年7月12日、韓国・国民日報が「一般的に日本は親切な国として知られているが、世界最悪の不親切な国だという調査結果が出た」と報じ、注目を集めている。

記事は「日本のコミュニティサイトで国際慈善団体である英国慈善支援財団(CAF)が発表した2018年世界寄付指数(World Giving Index)が話題になっている」とし、その内容を伝えている。それによると、CAFは世界の専門家に依頼し、144カ国を対象にWorld Giving Index(寄付指数)、Helping a stranger(他人を助けたか)、Donating money(寄付金額)、Volunteering time(ボランティアをした時間)の4項目を数値化して発表している。そのうち日本はHelping a strangerの項目で23%のスコアを記録し144位中142位という最低水準の評価を受けた。144位はカンボジア(18%)、143位はラオス(22%)だった。日本は人権侵害が深刻とされるパキスタン(104位、43%)やイエメン(126位、36%)よりも低い順位となった。上位3位はリビア(83%)、イラク(81%)、クウェート(80%)。そのほか韓国は92位(47%)、中国は135位(31%)、インドは136位(31%)だった。

また、World Giving Indexの項目でも日本は128位にとどまった。韓国は60位で、上位3位はインドネシア、豪州、ニュージーランド。最下位はイエメン、143位はギリシャ、142位は中国だった。

記事は「日本のネットユーザーらはこの結果に驚きつつも納得できるとの反応を見せている」とし、「現代の日本人は他人の痛みや苦労に異常なほど無関心だ」と指摘している。

これを見た韓国のネットユーザーからは「日本旅行に行った時、道を尋ねたらとても親切に教えてくれた。暑いからと日傘にも入れてくれたし。人や状況にもよるけど日本の人たちのイメージはよかった」「全く信ぴょう性のないランキングだ」「日本に行ってみなさい!世界1位だよ」「日本に行ったことのある人はみんな分かる。外国人の私にも、こちらが申し訳なくなるくらい親切だよ」「僕も日本に旅行に行くまでは日本を最悪の国と思っていた。行った後は180度変わったけどね」「いくら日韓関係が悪化しているとはいえ、この記事には納得できないな」など反論する声が続々と寄せられている。

一方で「日本人の親切さは徹底的に計算されたビジネススキル」「日本人は他人のピンチに本当に無関心だ」「日本人が親切なのは店員だけ。一般の人たちは助けてくれない」と共感を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)