三井金属が新開発の四輪車ガソリンエンジン用触媒を日本と中国で量産、その他

三井金属が新開発の四輪車ガソリンエンジン用触媒を日本と中国で量産、その他

三井金属は、新開発の四輪向けガソリンエンジン用GPF触媒を日本と中国で量産する。2022年の開始予定。写真は同触媒生産棟の完成予想図。

三井金属が新開発の四輪車ガソリンエンジン用触媒を日本と中国で量産 / 内外テック、上海子会社の増資を決定

●三井金属、四輪車ガソリンエンジン用触媒を開発、2022年に日本と中国で量産開始
三井金属は、四輪向けガソリンエンジン用GPF触媒を開発した。2022年の日本と中国での量産開始に向け、準備を始めた。2019年7月12日付で発表した。

四輪向けガソリンエンジンから排出される炭素系粒子を捕集する性能に優れ、高い浄化特性があると評価された。同社は四輪向け排ガス触媒を5拠点で製造しているが、新開発のGPF触媒は埼玉県上尾市にある同社触媒事業部と、三井金属(珠海)環境技術(所在地・中国広東省珠海市)で製造する予定で、量産準備を始めたという。

●内外テック、上海子会社の増資を決定
内外テックは12日、子会社の納宜伽義機材(上海)商貿の増資を全額引き受けることを決議したと発表した。

納宜伽義機材(上海)商貿の設立は2011年4月で、機械電子設備とその部品、計測計装装置の卸売り、輸出入、代理事業、関連コンサルティングやアフターサービスを行っている。資本金は1億2000万円で、1億円増資して2億2000万円にする。払い込み時期は9月の予定。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)