香港スターのアンディ・ラウ、“天才型”トニー・レオンとチョウ・ユンファへの羨望を語る

香港スターのアンディ・ラウ、“天才型”トニー・レオンとチョウ・ユンファへの羨望を語る

12日、香港の俳優アンディ・ラウが中国のトーク番組で、自分にはないという才能と条件を持つ香港スターを挙げ、羨望の思いを語ったことがネット上でも話題になっている。

2019年7月12日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が中国のトーク番組で、自分にはないという才能と条件を持つ香港スターを挙げ、羨望の思いを語ったことがネット上でも話題になっている。

香港映画界を代表する俳優の1人、アンディ・ラウがこのほどトーク番組「魯豫有約一日行」で語ったもの。身長が公称175センチのアンディ・ラウだが、高いとは言えない身長に不満があり、183センチで手足の長いモデル体形の俳優、チョウ・ユンファ(周潤發)のようなスタイルが憧れだという。

さらに同年代の香港スターで、演技派で知られるトニー・レオン(梁朝偉)についても、羨望のまなざしで見ていることを告白。「トニー・レオンの出演作と聞くだけで、いい作品なんだろうなと思う」と、その実力について全幅の信頼を寄せていることを明らかにした。また、トニー・レオンやチョウ・ユンファと自身との違いについて、「2人は天才型の俳優」とも語っている。

30年以上にわたってトップスターとして活躍するアンディ・ラウは、世間では“努力の人”とのイメージが強く、長年にわたって謙虚な態度を崩さない人格者としても知られる。今月7日には、中国共産党機関紙・人民日報の中国版ツイッターがこのトーク番組を取り上げ、アンディ・ラウの長年の努力を称賛するという異例の対応を見せている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)