中国のカフェが打ち出した「環境に優しいサービス」、海外のネットユーザーが称賛

中国のカフェが打ち出した「環境に優しいサービス」、海外のネットユーザーが称賛

14日、参考消息は、中国のカフェ店主が小学生を対象とした環境に優しいサービスを打ち出し、海外のネットユーザーから称賛を浴びていると報じた。資料写真。

2019年7月14日、参考消息は、中国のカフェ店主が小学生を対象とした環境に優しいサービスを打ち出し、海外のネットユーザーから称賛を浴びていると報じた。

記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの報道を紹介。陝西省西安市のカフェでは、街に落ちているタバコの吸い殻20本を集めた小学生にソフトクリームを1個プレゼントするサービスを実施しており、この3年間で付近の小学生たちが計5万本の吸い殻を集め、ソフトクリームと交換したと伝えた。

小学生を対象とした環境に優しいサービスを始めたきっかけについてカフェの店主は「子どもたちに小さいうちから環境保護を意識してもらいたいと思った。公益というのは実はとても簡単で、みんなができるものだ」と語っている。

カフェではタバコの吸い殻以外にも、使わなくなったおもちゃを持参することでやはりソフトクリームと交換することができるという。

記事は、この取り組みに対して海外のネットユーザーから称賛が相次ぎ「この店主は素晴らしい人物だ」「吸い殻を拾い集めることに子どもたちが誇りを感じるようになり、環境保護に貢献するようになる。このようなやり方を思いついたことが素晴らしい」との声が寄せられたと紹介した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)