日韓の輸出規制に関する対話内容をめぐり、双方の意見が真っ向から対立―中国メディア

日韓の輸出規制に関する対話内容をめぐり、双方の意見が真っ向から対立―中国メディア

15日、星島環球網は、日本による対韓輸出規制発動をめぐる日韓両国の代表の対話内容について、双方が互いに異なる主張をしていると報じた。資料写真。

2019年7月15日、星島環球網は、日本による対韓輸出規制発動をめぐる日韓両国の代表の対話内容について、双方が互いに異なる主張をしていると報じた。

記事は、両国代表による実務級対話が12日に東京で開かれたものの、摩擦を解決するような進展は得られなかったうえ、翌日には対話の性質や内容について「双方のけんかがエスカレートした」とした。

そして、韓国産業通商資源部の関係者が13日に「昨日の会議で日本に対し貿易規制を撤廃するようはっきり求めた」と発言したの対し、経済産業省の関係者が「会議の記録を確認したが、韓国側は日本に対して規制撤廃を求める明確な意見を出さず、規制の理由の説明を求めたに過ぎない」とし、対話の中で「交渉」を行ったとする韓国側の認識を否定したことを伝えている。

また、日本側は対話の中で韓国に対して全面的に説明を行ったとしたほか、規制発動前に韓国に通知を行ったと説明しているが、韓国側はいずれも否認しているとした。

さらに、次回の対話の有無についても日韓双方で異なる主張をしており、日本側が「韓国から次回の協議の提案はなかった」とする一方で、韓国側は「24日以前に再度対話を行うよう何度も求めたが、日本は提案受け入れ可否について態度を明確に示さなかった」と発言したと伝えている。

記事はこのほか、今回の対話について韓国メディアが「韓国代表は冷遇を受けた。会議はガレージのような部屋で行われ、非常にピリピリとした雰囲気だった。双方の代表は互いに目を合わせず、開始時には握手も行わなかった」と報じたことを紹介した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)