韓国が日本による半導体封鎖を突破する救世主は中国にいた―米華字メディア

韓国が日本による半導体封鎖を突破する救世主は中国にいた―米華字メディア

16日、米華字メディアの多維新聞は、日本政府が韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化したことに関連し、「日本による半導体封鎖を突破するために韓国が見つけた救世主は中国にいた」と報じた。写真は浜化集団。

2019年7月16日、米華字メディアの多維新聞は、日本政府が韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化したことに関連し、「日本による半導体封鎖を突破するために韓国が見つけた救世主は中国にいた」と報じた。

日本政府は4日から、半導体や有機ELパネルなどの製造に必要な材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の韓国向け輸出規制を発動した。韓国企業は、それらの材料を日本からの輸入に強く依存しており、輸入が滞れば大きな打撃を受けることになる。

記事は、上海証券報が16日、「中国の化学原料メーカーの浜化集団が、韓国の半導体メーカーからフッ化水素を受注した」と報じたことを紹介した。

そして、「韓国企業が調達先を中国に切り替えた可能性があると伝えられている」とし、「韓国が輸入したフッ化水素のうち日本製が43.9%を占めており、高純度のフッ化水素はほぼ100%を日本から輸入している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)