性的暴行で逮捕の韓国俳優カン・ジファン、犯行後の行動にネット驚愕「恐ろしい」

性的暴行で逮捕の韓国俳優カン・ジファン、犯行後に「歌う声」と女性供述しネット驚愕

記事まとめ

  • 韓国俳優カン・ジファンが外注スタッフ2人に性的暴行とわいせつ行為をした疑いで逮捕
  • 被害女性らは「犯行後にカン・ジファンのいる部屋から歌を歌う声が聞こえた」と供述
  • 韓国ネットユーザーから「犯行後にのん気に歌を歌っていたなんて恐ろしい」と驚きの声

性的暴行で逮捕の韓国俳優カン・ジファン、犯行後の行動にネット驚愕「恐ろしい」

性的暴行で逮捕の韓国俳優カン・ジファン、犯行後の行動にネット驚愕「恐ろしい」

18日、韓国・アジア経済は、外注スタッフの女性1人に性的暴行を加え、別の1人にわいせつな行為した疑いで逮捕された韓国俳優のカン・ジファンについて「犯行後に理解し難い行動をしていた」と報じた。

2019年7月18日、韓国・アジア経済は、外注スタッフの女性1人に性的暴行を加え、別の1人にわいせつな行為した疑いで逮捕された韓国俳優のカン・ジファン(本名・チョ・テギュ)について「犯行後に理解し難い行動をしていた」と報じた。

カン・ジファンは9日、外注スタッフの女性2人とソウル郊外にある自宅で酒を飲んだ後、女性らが寝ている部屋に入り1人に性的暴行を加え、もう1人にわいせつな行為をした疑いが持たれている。女性らの1人がスマートフォンで知人に通報を要請し、カンは駆け付けた警察官に緊急逮捕された。カンは当初「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認していたが、その後「被害者らに申し訳ない」と述べ容疑を全て認めている。

記事によると、被害に遭った女性らは警察に対し、犯行後の状況について「カン・ジファンのいる部屋から歌を歌う声が聞こえた」と供述した。これを受け警察は、カン・ジファンに対する麻薬検査も行っているという。さらに、カン・ジファンの自宅は特定の通信社の信号が受信されにくいことも分かったという。被害者側の弁護人は、被害者らが自ら通報しなかった理由について「カン・ジファンの自宅では本人のスマートフォンがつながりにくかったためやむを得ずカカオトークやボイストークで外部の第三者に助けを求めた」と説明したという。

これに韓国のネットユーザーからは「犯行後にのん気に歌を歌っていたなんて恐ろしい」「そんな人には全く見えなかった」「罪の意識が1ミリもなかったということ?」「手慣れたものだったのだろう。被害者は他にもたくさんいるのでは?」など驚きの声が上がっている。

また「こんな小さな国に性犯罪が多い理由は処罰が甘過ぎるから」「性犯罪に厳しい処罰を!徹底的に調査して懲役実刑を言い渡してほしい」など重い処罰を求める声も多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)