トランプ氏「必要であれば」日韓仲介に意欲―中国メディア

トランプ氏「必要であれば」日韓仲介に意欲―中国メディア

19日、トランプ米大統領は、韓国の文在寅大統領から貿易をめぐる日本との紛争で仲介を依頼されたことを明らかにした上で、必要であれば仲介に乗り出す用意がある姿勢を表明した。写真は米ホワイトハウス。

2019年7月20日、中国のニュースサイトの観察者網は、日本政府が韓国に対する半導体や有機ELパネルなどの製造に必要な材料の輸出規制を強化したことに関連し、トランプ大統領が「必要であれば」仲介に乗り出す用意がある姿勢を表明したと報じた。

米ブルームバーグの19日付報道を引用して伝えたもので、それによると、トランプ大統領は同日、ホワイトハウスで記者団に対し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、貿易をめぐる日本との紛争で仲介を依頼されたことを明らかにした。

トランプ大統領は「北朝鮮問題を含むたくさんの問題に関わっている。どれくらい私が関わる必要があるのかと彼(文大統領)に聞いた。韓国とは素晴らしい貿易協定をまとめたばかりだ。だが彼は、貿易面で多くの摩擦が起きていると私に言ってくる」と述べた。

その上で「日韓の問題に関わるのはフルタイムの仕事をするようなものだ」「ただ両首脳(安倍首相と文大統領)とも私のお気に入りだ」などとし、「彼らが私を必要とするのであれば、力を貸そう」「彼らがうまく解決できると期待している。だが緊張があるのは確かだ。疑いの余地はない。貿易をめぐる緊張だ」などと述べたという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)