香港スターのサイモン・ヤム、ナイフで腹部を刺される、犯人男は統合失調症か

『トゥームレイダー2』など出演の香港俳優サイモン・ヤム 中国で腹部刺され搬送

記事まとめ

  • 香港の俳優サイモン・ヤムが中国のイベント会場で男に腹などを刺され救急搬送された
  • サイモンは『トゥームレイダー2』『イップ・マン 葉問』などの映画で知られている
  • 犯行の動機は明らかになっていないが、犯人の男は妄想型統合失調症の疑いがあるという

香港スターのサイモン・ヤム、ナイフで腹部を刺される、犯人男は統合失調症か

香港スターのサイモン・ヤム、ナイフで腹部を刺される、犯人男は統合失調症か

20日、香港の俳優サイモン・ヤムが、中国広東省中山市のイベント会場で男に腹部などを刺され、病院に救急搬送された。

2019年7月20日、香港俳優サイモン・ヤム(任達華)が、中国広東省中山市のイベント会場で男に腹部などを刺され、病院に救急搬送された。

米映画「トゥームレイダー2」や「イップ・マン 葉問」シリーズなど数々の映画で知られる64歳の香港スターのサイモン・ヤムが20日午前、イベント会場で突然ステージに上がってきた男に、ナイフで右腹部を刺される騒ぎが発生した。サイモン・ヤムは、右手の指4本にも切り傷を負い、病院へ救急搬送されたが、幸い命に別状はなかった。

所属事務所の英皇娯楽(EEG)によると、腹部の傷は内臓をやや傷つけていたものの、手術が成功して命に関わる危険はないとのこと。右手指も処置が早かったことが幸いし、問題なく動くようになる見込みだという。なお、手術後に笑顔を見せているサイモン・ヤムの写真も公開されている。

中山市公安局の発表によると、刺したのは市内在住の30代の男。全長が約20センチ、刃渡り約11センチの果物ナイフを使って切りつけたのち、その場で警備員らに取り押さえられた。犯行の動機については明らかになっていないが、男を診察した中山市第三人民医院によると、初期の鑑定結果では妄想型統合失調症の疑いがあるという。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)