日本で話題になった中国外交部の女性報道官、動向が明らかに―中国

日本で話題になった中国外交部の女性報道官、動向が明らかに―中国

22日、中国外交部の新報道局長に、華春瑩副報道局長が就いたことが明らかになった。写真は華春瑩氏。

2019年7月22日、中国外交部の新報道局長に、華春瑩(ホア・チュンイン)副報道局長が就いたことが明らかになった。中国紙・新京報によると、中国外交部の報道局長に女性が就任するのは華氏が初。

華氏は南京大学卒で、12年に副報道局長、報道官に就任した。河野太郎外相との自撮りツーショット写真や、上野動物園で生まれたジャイアントパンダ「シャンシャン」と外務省の杉山事務次官の名前の聞き間違えで話題を呼んだこともあり、最近は外交部の定例記者会見に姿を見せていないことが関心を集めた。

華氏は3月1日に中央党校(国家行政学院)で始まった「中青年幹部訓練班」に参加しており、そこでの学習を終えてから職場復帰したという。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)