中国大手航空機メーカーが開発中のステルス艦載機―中国メディア

中国大手航空機メーカーが開発中のステルス艦載機―中国メディア

22日、新浪軍事は、中国の大手航空機メーカーが新型空母の艦載機候補となるステルス戦闘機の開発に力を注いでいると報じた。写真はJ20。

2019年7月22日、新浪軍事は、中国の大手航空機メーカーが新型空母の艦載機候補となるステルス戦闘機の開発に力を注いでいると報じた。

記事は、中国国内のメディアが流した情報として「成都航空航天公司のエンジニアが現在J-20戦闘機の艦載機バージョンの開発に取り組んでおり、新型空母の電磁式カタパルトに対応できるよう改良が進められている」と紹介するとともに、同社のライバルである瀋陽飛機廠のFC-31戦闘機についても艦載機バージョンの改良が行われていると伝えた。中国軍関係者によると、2つのメーカーは現在激しい開発競争を繰り広げており、機体の長さの縮小、空母のカタパルトシステムとの組み合わせが最大の課題になっているという。

また、性能面ではJ-20の方が優れているという見方が出ているものの、中国海軍はいずれにも長所と短所があることから、どちらを艦載機にするかは明らかにしていないと説明。成都航空航天公司は現在22メートルである機体の長さを縮めたF-20の開発に取り組んでいるものの、機体の長さではFC-31が17メートルと優位に立っているとした。

一方で、FC-31にも明らかな欠点があり、武器の搭載量がJ-20よりも少ないことを指摘。また、J-20にはすでに空軍で2年余りの飛行経験の蓄積があることから、海軍の空母に移植するうえで技術的な問題点は少ないとした。

記事は、新しい空母が2021年に進水し23年に海軍に引き渡されるとの見方が一般的であるとしたうえで、どちらの戦闘機が選ばれるにしても今年末までには艦載機が公衆の面前にお目見えすることになると予測。また、「喜ばしい技術的な突破もある」とし、FC-31もJ-20も新型ターボエンジンの開発が進んでおり、3〜4年後に空母艦載機として登場するころにはロシア製エンジンではなく、自前の強力なエンジンを搭載することができそうだと伝えている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)