ロシア軍機めぐる日本政府の抗議、韓国メディアが「妄言」と批判=韓国ネット「日本の土地ならなんで戦闘機来なかったの?」

ロシア軍機めぐる日本政府の抗議、韓国メディアが「妄言」と批判=韓国ネット「日本の土地ならなんで戦闘機来なかったの?」

23日、韓国・ソウル新聞は「ロシア軍用機の独島侵犯に日本『われわれの土地』と妄言」と題する記事を掲載した。写真は竹島。

2019年7月23日、韓国・ソウル新聞は「ロシア軍用機の独島(日本名:竹島)侵犯に日本『われわれの土地』と妄言」と題する記事を掲載した。

同日午前、中国の偵察機およびロシアの爆撃機が日本海の韓国防空識別圏(KADIZ)に無断進入した。この過程でロシアの爆撃機1機が竹島近くを2回、7分間にわたって侵犯した。これを受け、竹島を実効支配する韓国軍はF-15KとKF-16などの戦闘機を出撃させ、遮断機動と共にロシア軍用機に向かって警告射撃を加えたという。

記事は共同通信の報道を基に、日本政府が韓国政府に対し「われわれ(日本)の領土でのこのような行為を受け入れることはできない」と抗議し、ロシアに対しても外交ルートを通じて抗議したことを伝えている。

これについて韓国のネット上では「日本の土地ならなんで戦闘機来なかったの?」「韓国は対馬が韓国の土地だってことにも何も言えなくて悔しいのに、今度は独島まで?」など日本への反論や、「東アジアは大混乱。中国に北朝鮮に日本にロシア…。周辺国家が変なのばっか」「北朝鮮は核で威嚇するし、中国は権力で無視するし、日本は獲物を狙ってるし、ロシアは大きなものを狙ってるし、米国はこれ以上関与しない考え。韓国の国運はこんなにもろいのか」など現況を嘆く声が寄せられている。

その他、「文大統領のせいで国が滅んでいく」という声がある一方、「独島挑発も政府のせい、経済挑発も政府のせい、歴史歪曲(わいきょく)も政府のせい、国民の不買運動も政府のせい。みんな他人のせいばかり」などの声も上がっており、さまざまな意見が飛び交っている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)