韓国がロシア軍機に警告射撃、「日本が機に乗じてかき乱しに」と中国メディア

韓国がロシア軍機に警告射撃、「日本が機に乗じてかき乱しに」と中国メディア

23日、竹島周辺の上空で韓国軍機がロシア軍機に警告射撃した問題をめぐり、中国・長安街知事は「日本が機に乗じてかき乱しに」と題する記事を掲載した。資料写真。

2019年7月23日、竹島周辺の上空で韓国軍機がロシア軍機に警告射撃した問題をめぐり、中国・長安街知事は「日本が機に乗じてかき乱しに」と題する記事を掲載した。

記事はまず、「23日午前、韓国軍機とロシア軍機の間で危険な一幕があった」とし、韓国国防部が「ロシア軍機3機が韓国の防空識別圏に入った」「うち、A-50早期警戒管制機1機は2度、韓国の領空を侵犯。ロシアの戦闘機による領空侵犯は初めてだ」と説明したと指摘。その上で、「領空侵犯」したA-50に韓国軍が計360発、警告射撃を行ったことを伝えた。

記事は、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が「この状況を非常に重く見ている。同様のことが再び起これば、さらに強い措置を取る」との考えを示したことや、韓国側の対応をロシアが非難したことに言及した上で、「ロシアと韓国の『口論』が起こると同時に、日本もかき乱しにやって来た」と指摘。竹島の領有権をめぐって日韓が争っていることを説明し、日本がロシアと韓国に厳重抗議したことを伝えた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)