東京五輪公式サイトが竹島を「日本領」として表記、韓国が抗議「平昌五輪の時は消したのに」

東京五輪公式サイトが竹島を「日本領」として表記、韓国が抗議「平昌五輪の時は消したのに」

24日、韓国・YTNによると、2020年東京五輪・パラリンピックの組織委員が公式ウェブサイトに掲載した日本地図に竹島を含めたことについて、韓国政府が抗議していたことが分かった。

2019年7月24日、韓国・YTNによると、2020年東京五輪・パラリンピックの組織委員が公式ウェブサイトに掲載した日本地図に竹島を含めたことについて、韓国政府が抗議していたことが分かった。

記事によると、東京五輪公式ウェブサイトは聖火リレーのルートと時間を紹介するページで、日韓が領有権を争う竹島を「日本の領土」として表記した。これに対し韓国政府は「2018年の平昌五輪の時は五輪精神に反するという日本の抗議を受け、朝鮮半島の地図から独島(日本名:竹島)を削除した」との趣旨の抗議をしたが、日本政府は「竹島は日本固有の領土」だとして受け入れなかったという。

平昌五輪で日本は南北合同チームの「統一旗(朝鮮半島が描かれた旗)」に竹島が含まれていることに強く抗議した。これを受け、国際オリンピック委員会(IOC)は同旗を「政治的行為」とみなし、竹島の含まれていない旗を使用するよう勧告していた。

これを見た韓国のネットユーザーからは「韓国は東京五輪不参加を宣言するべき」「ボイコットしよう」と訴える声が続出している。

その他にも「委員会に公式に建議すべき」「これを機に全世界に独島が韓国領であることを教える必要がある」「米韓軍事訓練を独島で大々的に行なってほしい」「平昌五輪の時に『IOCの規定により仕方なく削除した』と言い訳していたけど、あれはうそだったのか?」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)