韓国人が怒り!“親日”報道の朝鮮日報に「それでも韓国のメディアか」、停刊求める請願には15万の署名―中国紙

朝鮮日報が掲載した記事が『親日』と韓国で批判殺到 大統領府に停刊処理の請願も

記事まとめ

  • 韓国の朝鮮日報は『日本の対韓貿易報復措置の責任は韓国政府にある』との論調を展開
  • 朝鮮日報に対し『親日売国』との批判が殺到し、MBCの番組なども疑問を呈している
  • さらに、韓国大統領府HPには停刊処理の請願が書き込まれ、15万超の賛同を得ている

韓国人が怒り!“親日”報道の朝鮮日報に「それでも韓国のメディアか」、停刊求める請願には15万の署名―中国紙

韓国人が怒り!“親日”報道の朝鮮日報に「それでも韓国のメディアか」、停刊求める請願には15万の署名―中国紙

中国紙・環球時報は24日、「韓国人が朝鮮日報を“親日売国”と怒りの非難、人々からは停刊要求も」と題する記事を掲載した。写真は朝鮮日報。

中国紙・環球時報は24日、「韓国人が朝鮮日報を“親日売国”と怒りの非難、人々からは停刊要求も」と題する記事を掲載した。日本と韓国の貿易摩擦がエスカレートする中、韓国主要紙の朝鮮日報が掲載した記事が「日本の肩を持つ内容だ」と非難の的になっているという。

韓国のテレビ局MBCは22日放送の番組で、朝鮮日報が今月に掲載した社説やコラムで「日本の対韓貿易報復措置の責任は韓国政府にある」といった論調を展開したことを批判。朝鮮日報は4日の社説で「今回の事態は徴用工判決が外交矛盾を引き起こしたものであり、政府が点火した爆弾」「司法に外交を左右されるおかしな政府」などと文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判。14日掲載のコラムでは、「韓国社会の日本製品ボイコット運動は理性を失った行為でプラスにならない」と訴えたという。

MBCの番組は「朝鮮日報のこうした歴史歪曲(わいきょく)報道は日本の右翼メディアに引用され、さまざまなフェイクニュースがつくられる。これにより、日本国民の韓国社会および世論の雰囲気に対する認識に誤解と偏見を生む。彼らが本当に韓国のメディアなのかと疑わずにはいられない」などと批判。業界専門紙「メディアトゥディ」も18日付の記事で「貴報は韓国のメディアか?」と疑問を呈したという。

また、京郷新聞によると、今月11日に韓国大統領府ウェブサイトの国民の請願のページに「朝鮮日報はすべての韓国メディアの中でフェイクニュースと謝罪回数が最も多い一社ということを鑑み、速やかに停刊処理をすべき」との請願が書き込まれ、すでに15万を超える賛同を得ている。このほか、朝鮮日報のスポンサーやその商品のボイコット運動も呼び掛けられているという。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)