中国人観光客がポーランドに行かないのはなぜ?―中国メディア

中国人観光客がポーランドに行かないのはなぜ?―中国メディア

22日、環球網はポーランドへ行く中国人観光客が少ない理由について説明する記事を掲載した。写真はポーランドのグダニスク。

2019年7月22日、環球網はポーランドへ行く中国人観光客が少ない理由について説明する記事を掲載した。

記事は、「ポーランドの公式データによると、昨年は13万人以上の中国人がポーランドを訪れ、過去最高となった」と紹介。しかし、近隣のハンガリーに25万人以上、チェコには65万人の中国人が訪れていることと比べると、かなり少ないと指摘した。

記事によると、ポーランドにはショパンゆかりの地であり文化科学宮殿があるワルシャワや、琥珀の都でドイツ建築の特色を備えたグダニスクなど、魅力的な観光地があり物価も比較的安いが、それでも中国人観光客は多くないという。

その理由について記事は、「宣伝力が足りていない」との声があることを紹介。中国の旅行市場におけるポーランドの広告は「静まりきっている」のだという。実際、中国語の話せる店員や公共の場所での中国語案内はほとんどないと記事は指摘した。

また、中国人に対して積極的にあいさつをしたり、微笑んだりするような人はあまりおらず、「ポーランド人は中国人が嫌いというわけではないが、理解が少ないため堅苦しい態度になる」というグダニスクの旅行業者の声を紹介。同氏によると、現地の書店に中国文化を紹介する本はあまり置かれていないそうだ。

記事は、レストランでも笑顔を見せることなく「厳粛な表情で注文を確認する」のが、ポーランドの風格なのだとも説明した。

ポーランドと中国は、政府間では信頼関係が築かれ協力が拡大しているものの、中国人投資者は二の足を踏んでいる状況で、貿易に従事するワルシャワの男性は「投資者が来なければ、中国人観光客の人数も上昇しないだろう」と話し、「ポーランド政府が保守的な政策を維持する限り、短期間で中国との往来が飛躍的に増えることは難しいだろう」との考えを示したという。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)