25人の訪日中国人観光客、4時間近く駐車場に放置される=中国ネット「中国人を陥れるのはいつも…」

25人の訪日中国人観光客、4時間近く駐車場に放置される=中国ネット「中国人を陥れるのはいつも…」

22日、日本をツアー旅行で訪れた25人の中国人観光客が、4時間近く駐車場に放置される事態が起こった。写真は皇居。

24日、新浪財経の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントによると、ツアー旅行で日本を訪れた25人の中国人観光客が、4時間近く駐車場に放置される事態が起こった。

参加者女性の微博への投稿で明らかになった。女性は22日の午後4時半ごろ、自身のアカウントで「北京青年旅行社を通して申し込んだ日本旅行に来たけど、中国側の会社が日本の旅行会社にきちんとお金を振り込んでいなかったみたいで現地ガイドが帰ってしまった。まだツアーの内容は残っているのにバスの運転手も何もしてくれなくて、今は参加者全員がバスから降りて何もできずにいる。みんなそれぞれ中国の旅行会社に問い合わせているけど、もう2時間以上何の対応もない。今日のホテルにもまだ着いていないし、参加者の中にはお年寄りや子どももいる。雨も降り始めた。一体どうすればよいんだろう」と書き込んだ。

新浪財経がさらに詳しく調べると、一行は同日皇居や銀座、浅草周辺を観光する予定だったが、最初の目的地である皇居付近の駐車場に、最終的に3時間半ほど放置された。その後参加者らがどうなったかについては報じられていないが、この件に関して、北京青年旅行社のサービス部門のスタッフは「お客様からの問い合わせを受けて、確かにサービスに問題があったと認識しています。現在もお客様と連絡を取り、詳しい状況を確認しています。状況が明らかになり次第、すぐに対応します」などと答えている。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは、「仕事への誠意というものが全く感じられない」「この旅行会社はもう絶対利用しない」「このままうやむやにするつもりじゃないだろうな?」などといった怒りの声が上がっている。

このほか、「私も以前、似たような目にあったことがある」「中国人を陥れるのはいつだって同胞の中国人だ」「中国のツアーを利用して日本に行けば、中国人経営のレストランや免税店に連れて行かれるだけ。彼らは金でしかつながっていないから日本式の『おもてなし』など感じられない。日本に行くなら個人旅行にすべき」などといったコメントも見られた。(翻訳・編集/岩谷)

関連記事(外部サイト)