倉木麻衣の北京公演に中国ファン感動!名曲を大合唱、泣き出す人まで―中国メディア

倉木麻衣の北京公演に中国ファン感動!名曲を大合唱、泣き出す人まで―中国メディア

歌手の倉木麻衣が19日、中国北京で20周年のツアー公演を行った。

歌手の倉木麻衣が19日、中国北京で20周年のツアー公演を行った。24日付で中国娯楽網が伝えた。

記事は、倉木を「日本の実力派の歌姫」と表現。「会場は満席となり熱気に包まれ、倉木の歌は多くのファンを喜ばせ、感動させた。ファンの応援も倉木に力を与え、多くのファンが最初から最後まで『Mai K』と叫び、ライブ中は何度も大合唱が起こった」と伝えた。

記事によると、北京の会場では7時半からのスタートにもかかわらず、午後からすでにファンが並び始め、ライブが始まると叫び声が絶えることがなかった。倉木は冒頭に「みなさん、こんにちは。お久しぶりです。皆さんにはとても感謝しています。私に声援を送ってくれてありがとう。今日は一緒にこのライブを楽しみましょう」と中国語で語りかけたという。

ライブでは多くのヒット曲を歌い、新曲も披露した。1曲歌い終わるごとにファンから「Mai K」の声が上がったといい、特にファンがよく知る名曲では大合唱が起こり、中には感動して涙を流すファンもいるほどだったという。記事は、「灼熱の北京はさらに熱を帯びた」「20周年の北京公演は、名残惜しさの中、無事に幕を下ろした」と伝えた。

続く27日の深セン公演のチケットはすでに完売し、8月3日の台北公演のチケットも残りわずかになっているという。

倉木はアニメ「名探偵コナン」の主題歌を歌っていたことなどから中国で人気が高い。2018年3月には、中国の音楽の祭典「第25回東方風雲榜音楽盛典(CHINESE TOP10 MUSIC AWARDS)」に日本人歌手として初めて招待された。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)