韓国で日本車壊すパフォーマンス、中国ネットは「中国との違い」に注目

韓国で日本車壊すパフォーマンス、中国ネットは「中国との違い」に注目

25日、韓国仁川の路上で繰り広げられた日本車破壊パフォーマンスの動画が中国版ツイッター・微博で紹介された。資料写真。

2019年7月25日、韓国仁川の路上で繰り広げられた日本車破壊パフォーマンスの動画が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介された。これを見た中国のネットユーザーからは「中国と韓国との違い」を指摘する声が寄せられた。

日本政府の対韓輸出規制に端を発した日本製品不買運動が拡大する中、仁川で高級車レクサスを破壊するパフォーマンスが行われたのは23日のこと。動画を紹介した新浪財経は、車の持ち主が日本車を運転することに「恥ずかしさ」を感じて破壊パフォーマンスに同意したことや、現場周辺の全ての店が日本製品ボイコット運動に参加していることを伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「見てよ。韓国では自分の車を壊してる」「韓国人は自分の物を破壊。われわれが破壊するのは他人のものだ」「われわれは他人の車しか破壊できない」「所有者が破壊に同意するなんて。中国とは違うな」「自分の車を破壊とは。これこそ正しいやり方だ」などの声が上がっている。

この他、「理性を保たなきゃ。日本製品をボイコットするにしても、財産的損失はダメ」「(日本を)糾弾するだけでどうなるというのだろう」という意見や、「何年かたてばまた日本製品を買いたくなると思うよ」という声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)