韓国の「日本ボイコット」、日本旅行キャンセルで米10キロゲット―華字紙

韓国の「日本ボイコット」、日本旅行キャンセルで米10キロゲット―華字紙

エスカレートする韓国の「日本ボイコット」について、日本の華字紙・中文導報は25日、「日本旅行キャンセルと引き換えに米がもらえる」との情報を伝えた。写真はソウル。

エスカレートする韓国の「日本ボイコット」について、日本の華字紙・中文導報は25日、「日本旅行キャンセルと引き換えに米がもらえる」との情報を伝えた。

記事はまず、韓国で過去に起きた日本製品不買運動は主に歴史問題が原因だったが、今回は日本政府による対韓輸出規制が引き金となったことを説明。「日本が宣言した対韓貿易制裁は国家経済の生存に関わる措置。人々の反日感情はとりわけ激しい」という韓国世論の指摘を取り上げ、不買運動の波が小売りや旅行などさまざまな業界に及んでいること、奇抜なやり方や過激行為すら見られることを指摘した。

ボイコットのやり方として記事が最初に挙げたのがスーパーマーケットからの商品撤去だ。さらに、ある店で日本のビールが1杯100万ウォン(約9万2000円)の「特別価格」で売られたことも紹介。記事は全羅南道北東部の谷城郡で1人当たりの費用が100万ウォン以上の日本旅行をキャンセルした人に米10キロをプレゼントする動きがあることを伝え、「実際、韓国各地で日本に旅行に行こうという人は減っている」「日韓を結ぶ空の便も一部欠航となった」と説明した。

記事はこの他、釜山の日本領事館に侵入した若者6人が「安倍は謝罪せよ」と叫ぶなどした問題や、ソウルの日本大使館前で高齢男性が自殺を図った問題にも触れ、「日韓間の(対韓輸出規制をめぐる)折衝に目立った進展は見らない」とした上で、「日韓関係はこの先もしばらく、こう着状態が続く」というアナリストの指摘を伝えた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)