14歳少年が乗客を乗せたままバスを運転「独学で学んだ」=中国ネット賛否両論

14歳少年が乗客を乗せたままバスを運転「独学で学んだ」=中国ネット賛否両論

27日、中国メディアの新浪財経によると、中国安徽省で14歳の少年が乗客を乗せたままバスを運転する騒動があった。資料写真。

2019年7月27日、中国メディアの新浪財経によると、中国安徽省で14歳の少年が乗客を乗せたままバスを運転する騒動があった。

記事によると、今月19日、安徽省合肥市から瓦埠へ向かうバスで、14歳の少年が運転手に代わって運転した。車内には5人の乗客が乗っていたという。少年が運転する様子を撮影した動画が中国のネット上で紹介され話題を呼び、警察はその動画を基にバス運転手と少年を突き止め、24日に警察に出頭させた。

警察の調べによると、運転手は途中で用事ができ運転席を離れなければならなくなった。すると、少年が自ら代わりに運転すると申し出たという。少年は乗客全員が下車するまで約4キロを運転した。動画には、非常に慣れた手つきで運転している様子が映っており、警察に対して「独学で学んだ」と話しているという。警察は、法に基づき厳重に処分するとしている。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはあまりに危険すぎる」「乗客の命をもっと尊重すべき」「人様の命を冗談に使うべきではない」「(運転を許した)この5人の乗客は心が広すぎだろう」など、批判するコメントが多く寄せられた。

一方で、「これは子どもに対する偏見だ。14歳でもきちんとできることをなぜ決められた年齢まで待たなければならないのだ?。伝統的な観念が強すぎるんだよ」「運転免許を持っていても運転できない人は多い。運転免許を持っていなくても運転のうまい人も多い」「こうして中国の人材は埋もれていく」など、少年による運転を肯定するかのような意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)