「日本軍の中国侵略は平和的」「南京事件は虚偽」とコメントした男性を刑事拘留―江蘇省南京市

「南京事件は虚偽」とネット上に投稿した男性を南京市の公安当局が刑事拘留

記事まとめ

  • 中国江蘇省南京市の公安当局が、「精日」的な言論を投稿した男性を刑事拘留したと発表
  • 男性は100の微博アカウントを盗み「南京事件は虚偽」などとネット上に投稿したという
  • 男性は5月15日に拘留されており、詳しい捜査が進められているという

「日本軍の中国侵略は平和的」「南京事件は虚偽」とコメントした男性を刑事拘留―江蘇省南京市

「日本軍の中国侵略は平和的」「南京事件は虚偽」とコメントした男性を刑事拘留―江蘇省南京市

中国江蘇省南京市の公安当局は29日、インターネット上で「精日(精神日本人)」的な言論を投稿した20歳の男性を刑事拘留したと発表した。資料写真。

中国江蘇省南京市の公安当局は29日、インターネット上で「精日(精神日本人)」的な言論を投稿した20歳の男性を刑事拘留したと発表した。

「精神日本人」は、中国人でありながら自分は日本人であると考える人物を指す言葉。男性は2018年以降、およそ100の微博(ウェイボー)アカウントを盗み、「日本軍の中国侵略は平和的な目的だった」「南京事件は虚偽」といったコメントをネット上に投稿していたとされている。

公安当局は、「デマや有害な情報で、青少年を正体不明の精日組織へ加入するようたぶらかし、日本軍国主義思想を利用して国内の青少年を洗脳していた中心人物」としたほか、「反中、中国侮辱の言論を投稿し、社会秩序の安定に深刻な影響を与え、その行為は悪質だ」などと指摘した。男性は5月15日に拘留されており、本件について詳しい捜査が進められているという。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)