中国が台湾への個人旅行を停止、“中台カップル”リー・ロンハオとレイニー・ヤンがホットな話題に

中国が台湾への個人旅行を停止、“中台カップル”リー・ロンハオとレイニー・ヤンがホットな話題に

2日、先月初めに婚約を発表した中国の歌手リー・ロンハオと台湾の歌手で女優レイニー・ヤンだが、1日から始まった一般市民の台湾への渡航停止を受けて、「2人はどうやって会えばいいの?」と中国版ツイッターでホットな話題となっている。

2019年8月2日、先月初めに婚約を発表した中国の歌手リー・ロンハオ(李栄浩)と台湾の歌手で女優レイニー・ヤン(楊丞琳)だが、1日から始まった一般市民の台湾への渡航停止を受けて、「2人はどうやって会えばいいの?」と中国版ツイッターでホットな話題となっている。

中国の文化観光部は先月31日、これまで47都市の市民に対して行っていた台湾への個人旅行の許可証発行を停止すると発表。理由については、「現在の中台関係を考慮したもの」としているが、台湾メディアは2つの可能性を指摘。1つは、香港での「逃亡犯条例」改正への反発に見られる“一国両制”のほころびを大きく報じる台湾で、中国の一般市民が関連報道を目にするのを防ぐため。さらにもう1つは、来年の台湾総統選に向けて、蔡英文(ツァイ・インウェン)政権に対する圧力だとしている。

こうした状況の中、人気芸能人同士の中台カップルがホットな話題となっている。リー・ロンハオとレイニー・ヤンは約4年の交際を経て、先月11日に婚約を発表したばかり。そんな2人が”離れ離れ”になってしまうとして、中国のネットユーザーからユーモアたっぷりな書き込みが相次いでいるもの。31日夜には、タイムリミットが迫っているとして、「早く台湾へ飛んで結婚を!」「今すぐ行かないと、いつ結婚できるか分からない」といった声が飛び交った。

さらに現在、台湾への渡航は団体のツアーに限られていることから、「ロンハオが台湾に行っても2人きりになれない。単独行動したら添乗員さんに怒られる」と面白おかしく投稿するネットユーザーも。また、家族になれば今回のような観光ビザの制限とは関係がなくなるため、1日も早く結婚するようにと急かす声も多く上がっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)