川に人が浮かんでいると警察に通報、当人は突然起き上がって帰宅―中国

川に人が浮かんでいると警察に通報、当人は突然起き上がって帰宅―中国

3日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、北京市でこのほど、川に人が浮かんでいると警察に通報があったが、その直後に当人は何事もなかったかのように起き上がるという珍事があったと伝えた。資料写真。

2019年8月3日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、北京市でこのほど、川に人が浮かんでいると警察に通報があったが、その直後に当人は何事もなかったかのように起き上がるという珍事があったと伝えた。

記事によると、今月2日、北京市の広渠門近くの堀に、赤い服を着た年配の男性が浮かんでいるのを通りがかりの人が発見し、警察へ通報した。ところが、その後この男性は起き上がり、歩き出して帰宅したという。

記事ではその時の動画も紹介。男性を発見した市民は、警察へ通報しながら川に浮かんだ男性を撮影しているが、仰向けのまま川の流れに身を任せるままになっている様子が映っている。ところがその後、この男性は突然立ち上がって歩き出した。

これに対し、中国のネットユーザーから「これって新たなフィットネス法?健康のための漂流?」「このおじいさんの行為は芸術なのでは」「みんな、解散だ。このおじいさんは修行をしていただけ」「夏で暑いからね」などのコメントが寄せられた。

また、「動かず泳がず水に浮いていられるなんてすごいな」「このおじいさんのレベルにまで達する人はそうそういない」などと驚きを示すユーザーも多かったが、「これは人を驚かせるだろう。『ただいま漂流中、邪魔するべからず』との看板を立てておくべきだ」「次はせめて水着で浮いた方がいい」などの意見も寄せられた。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)