韓国、5年以内に100大核心戦略品目の国産化急ぐ、日本の輸出規制受け―中国メディア

韓国、5年以内に100大核心戦略品目の国産化急ぐ、日本の輸出規制受け―中国メディア

5日、中国のニュースサイトの澎湃新聞は、「日本による輸出規制強化を受け、韓国は5年以内に素材・部品など100大核心戦略品目の国産化を急ぐ」と報じた。資料写真、

2019年8月5日、中国のニュースサイトの澎湃新聞は、「日本による輸出規制強化を受け、韓国は5年以内に素材・部品など100大核心戦略品目の国産化を急ぐ」と報じた。

記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用。韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官が5日、「政府は半導体、ディスプレー、自動車、電気・電子、機械・金属、基礎化学の6分野から100の核心戦略品目を選定し、20品目は1年以内に輸入先の多角化を実現し、残りの80品目は大規模研究開発(R&D)に7年間で7兆8000億ウォン(6880億円)以上を投じて5年以内の国産化を目指す」と説明したことを伝えた。

記事はまた、韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相が4日、「政府は日本の経済攻撃に対し、詳細な産業対策を着実に履行し、『災い転じて福となす』になるようにする」と述べたことも伝えた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)