「日本で『命を奪う高温』が持続」と中国メディア、中国ネットも反応

「日本で『命を奪う高温』が持続」と中国メディア、中国ネットも反応

5日、中国・海外網が「日本で『命を奪う高温』が持続」と報じたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年8月5日、中国・海外網が「日本で『命を奪う高温』が持続」と報じたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

記事は日本メディアの報道を引用。「8月に入ってわずか4日のうちに、東京では19人が熱中症の疑いで死亡した」と説明し、亡くなった人は60〜90代でいずれも屋内で死亡したこと、うち14人については室内にエアコンがなく、他の5人もエアコンはあったが使用していなかったとみられることなどを伝えた。

記事はこの他、5日午後1時半までに気温が35度を超えたところが日本全国で158地点に上ったことや、北海道札幌で8日連続の30度超えとなったことなどにも言及。これに対し、中国のネットユーザーからは「東京はやっぱり暑い!」「エアコンがなければ、せめてエアコンのあるお店に行って涼んでいたら…」という声や「みんなでサウナに入っている感じ」という声、「われわれの街は39度。どうしたらいい?」「南京も暑い!」などの声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)