ヴェルサーチが謝罪、Tシャツデザインで香港・マカオを「国扱い」―中国メディア

高級ブランドのヴェルサーチ、Tシャツデザインで香港やマカオを「国扱い」し謝罪

記事まとめ

  • イタリアの高級ブランド、ヴェルサーチが、Tシャツのデザインをめぐって謝罪した
  • Tシャツのデザインが、香港やマカオを国のように扱っているとして批判を浴びていた
  • 同ブランドのアンバサダー、中国の人気女優のヤン・ミーはブランドに契約解除申し入れ

ヴェルサーチが謝罪、Tシャツデザインで香港・マカオを「国扱い」―中国メディア

ヴェルサーチが謝罪、Tシャツデザインで香港・マカオを「国扱い」―中国メディア

11日、イタリアの高級ブランド、ヴェルサーチは、販売していたTシャツのデザインが中国の香港やマカオを国のように扱っているとして批判を浴びたことを受け、公式ウェイボーを通じて謝罪声明を発表した。写真はウェイボーより。

2019年8月11日、中国紙・新京報によると、イタリアの高級ブランド、ヴェルサーチは同日、販売していたTシャツのデザインが中国の香港マカオを国のように扱っているとして批判を浴びたことを受け、公式ウェイボーを通じて謝罪声明を発表した。

報道によると、問題のTシャツは、背中の部分に世界のさまざまな都市とその国の名前が英語で表記され、北京と上海の国の名前は中国と表記されているが、香港とマカオはそれぞれ香港、マカオと国のように表記されていた。

新京報によると、ヴェルサーチは声明で「誤ったデザインにより、一部の都市で正確な国家の名称が使われていなかった。これは当社の不注意によるものだ」などとして謝罪。「われわれは中国を愛しており、中国の領土と主権を尊重する」とも表明した。

また、問題のTシャツは7月24日に販売を中止し廃棄したことも明らかにした。

同ブランドのアンバサダーを務める中国の人気女優のヤン・ミー(楊冪)は11日、「中国国民としてこれ以上ない憤りを感じる」として、同ブランドとの契約解除を申し入れる声明を発表している。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)