ジワジワ来ている中国時代劇、ムック本が早くも重版決定

中国時代劇にハマる日本人が続出 網羅したムック本は発売から2週間で重版が決定

記事まとめ

  • 「宮廷の諍い女」の上陸をきっかけに、日本で中国時代劇にハマる人が続出している
  • 中国時代劇の人気にともない、時代背景や出演俳優にも注目が集まっているという
  • 中国時代劇の情報や人気俳優を網羅したムックは発売からわずか2週間で重版が決定した

ジワジワ来ている中国時代劇、ムック本が早くも重版決定

ジワジワ来ている中国時代劇、ムック本が早くも重版決定

中国時代劇が盛り上がりを見せている。「宮廷の諍(いさか)い女」の上陸をきっかけに、「見始めたらやめられない」とハマる人が続出。ムック本が発売2週間で重版が決定するなど、にわかに人気となっている。

日本で今、中国時代劇が盛り上がりを見せている。清朝の後宮を舞台に女たちの戦いを描いたドラマ「宮廷の諍(いさか)い女」の上陸をきっかけに、「見始めたらやめられない」とハマる人が続出している。

ヤン・ヤン(楊洋)の海外での人気を高めた「シンデレラはオンライン中!」、チャオ・リーイン(趙麗穎)主演の「お昼12時のシンデレラ」、ファンタジー時代劇「永遠の桃花〜三生三世〜」など、人気作が続々と日本に上陸。放送や配信で楽しむ人が増えている。

中国時代劇の人気にともない、時代背景や出演俳優にも注目が集まっている。キネマ旬報が毎年発刊している「中国時代劇で学ぶ中国の歴史」シリーズの2018年版が過去最大の販売を達成したほか、中国時代劇の情報や人気俳優132人のプロフィールやフィルモグラフィーを網羅したムック「中国時代劇ドラマ&スター完全ガイド」は7月22日の発売からわずか2週間で重版が決定した。

中国では日本で中国時代劇の放送が決定する度に日本語タイトルが大きな話題となっている。「如懿伝」は「如懿伝(にょいでん)〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」、「延禧攻略」は「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」といった具合に壮大なサブタイトルがつけられることが多く、原題と日本語タイトルを比較してみても面白いかもしれない。(編集/藤井)

関連記事(外部サイト)