龍角散が華潤三九と提携、「龍角散ののどすっきり飴」「龍角散ダイレクト」などを中国市場で展開

龍角散が華潤三九とパートナーシップを締結 龍角散ダイレクトなどを中国市場で展開へ

記事まとめ

  • 龍角散は中国のOTC医薬品トップメーカーである華潤三九とパートナーシップを締結した
  • 「龍角散ののどすっきり飴」や「龍角散ダイレクト」などの製品を中国市場で展開する
  • 龍角散は中国への展開も見据え、生産設備の近代化、自動化を進めている

龍角散が華潤三九と提携、「龍角散ののどすっきり飴」「龍角散ダイレクト」などを中国市場で展開

龍角散が華潤三九と提携、「龍角散ののどすっきり飴」「龍角散ダイレクト」などを中国市場で展開

龍角散は中国のOTC医薬品トップメーカーである華潤三九(本社・広東省深セン市)とパートナーシップを締結した(写真)。

龍角散は中国のOTC医薬品(医師の処方箋なしで薬局などで購入できる医薬品)トップメーカーである華潤三九(本社・広東省深セン市)とパートナーシップを締結した。龍角散が2019年8月14日付で発表した。

本提携の成立に伴い、中国本土での新たな販売ルートを構築し、これまでのインバウンド需要でも特に人気の高い「龍角散ののどすっきり飴」や「龍角散ダイレクト」などの製品を中国市場で展開する。

華潤三九は5年後までの呼吸器器官関連製品カテゴリー売り上げ80億元(約1200億円)達成を目指しており、龍角散とのパートナーシップは目標達成のための大きな要素となるという。龍角散は中国への展開も見据え、生産設備の近代化、自動化を進めており、年間約6000万個(国 内販売換算約400億円分)の「龍角散ダイレクトスティック」を生産する能力をすでに用意しているという。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)