韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響―韓国メディア

韓国で日本製品不買運動が始まってから1カ月、ユニクロ売上額は7割減 長期化の見方も

記事まとめ

  • 日本製品不買運動の影響により、日本の有名ブランド製品の韓国での売上額が減少
  • ユニクロの売上額の減少幅が最も大きいようで、7月第4週は6月最終週比で70%以上減少
  • 専門家は「日本製品不買運動は長期間続くとみられる」との見方を示している

韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響―韓国メディア

韓国でユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響―韓国メディア

16日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本製品の不買運動が始まってから1カ月余りの間に、ユニクロを含む日本の有名ブランド製品の韓国国内での売上額が半分以下に減少したことが分かったと報じた。資料写真。

2019年8月16日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本製品の不買運動が始まってから1カ月余りの間に、ユニクロを含む日本の有名ブランド製品の韓国国内での売上額が半分以下に減少したことが分かったと報じた。

それによると、7月第4週の韓国国内での主要日本ブランド製品のクレジットカード売上額は、6月最終週に比べて半減したことが、韓国金融監督院による調査結果で明らかになった。

ブランド別では、ユニクロの売上額の減少幅が最も大きく、7月第4週は6月最終週比で70%以上減少した。

専門家は「日本製品不買運動はSNSを通じて急速に拡散し、消費者が主体的にそれに参加している。現在の状況から判断すると、日本製品不買運動は長期間続くとみられる」との見方を示しているという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)