中国の王毅外相、韓国外相との会談で日本との問題に言及

中国の王毅外相、韓国外相との会談で日本との問題に言及

中国の王毅外相は20日、韓国の康京和外相と会談し、「日韓が対話と協議によって現在の意見の相違を適切に処理するよう希望する」と述べた。

中国の王毅(ワン・イー)外相は20日、日中韓外相会談のため中国北京を訪れた韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、「日韓が対話と協議によって現在の意見の相違を適切に処理するよう希望する」と述べた。

王外相は「中韓関係は良好な発展を遂げ、各分野における協力も前に進んでいる」と指摘し、中国が提唱する「一帯一路」建設への積極的な参加を呼び掛けた。また、ハイテクやイノベーション分野での相互協力強化、20カ国・地域(G20)など多国間の枠組みにおける密接な協調の必要性に言及。さらに、「中日韓は多国間主義と自由貿易を共に擁護すべき」とした上で、対話と協議による日韓の問題解決を希望するとの考えを示した。

康外相は「引き続き中国と各レベルの対話、交流を緊密にし、イノベーション、環境保護などの分野での交流、協力を強化する」とし、「韓中の互恵協力の新モデルを打ち出す」などと述べた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)