<コラム>山東省青島市街地に二つの日本人小学校が残っていた

<コラム>山東省青島市街地に二つの日本人小学校が残っていた

1914年の日本軍による軍政が始まると、青島では小学校・中学校・女学校の建設がすぐに始まった。ドイツ租借時代にすでに学校の建設が進んでいたのが幸いした。

1897年(明治30年)、当時漁村に過ぎなかった青島村に突然ドイツ海軍陸戦隊が上陸占領した。青島の歴史は約120年前に始まった。(写真1左)は、おそらく現在の小魚山公園から撮影されたのであろう。草木がほとんど見当たらない。中央に見える建物は清国衙門兵営で、奥の方に天宮后のシンボルである2本の門柱が微かに見えている。衙門兵営の右方には下青島村の民家も見える。元々の青島人はここに住んだ方々である。左奥の海浜に桟橋が見える。この延長が、今の中山路になる。

ドイツは1898年から僅か15年で、この何もない傾斜地に、絵のように美しい緑と赤き屋根の住宅を持つ青島(小ベルリン)を造り上げた。ドイツという国の実行力には驚きを禁じ得ない。一例が青島駅である。現在の駅は拡張して、東西と南の三つの改札口があるが、東改札口のみでスタートした。斜めに落ちる褐色の屋根が青島駅の特徴である(写真2)。

1914年の日本軍による軍政が始まると、小学校・中学校・女学校の建設がすぐに始まった。ドイツ租借時代にすでに学校の建設が進んでいたのが幸いした。青島小学校は1913年(大正2年)に西本願寺(現在は無棣四路小学校)で開校していたが、ドイツ降伏後すぐに既存学校の利用が始まった。青島北の李村にはもうすでに李村小学校もあったが、青島市街地における日本人小学校を2校とすることを1917年(大正6年)に決定して花咲町(現武定路)に新校舎の建設に着手、1917年(大正6年)に開校。翌年1918年(大正7年)4月に落成した新校舎を青島第一尋常高等小学校とした。何と1915年(大正4年)に先に開校した青島日本小学校(佐賀町)を第二尋常小学校と定めた(参考:青島物語)。

佐賀町(広西路×常州路)の第二尋常小学校校舎(生徒数230名)は、1905年(明治38年)に開校したドイツ総督府実科中学校を改修して使った。校舎の壁は全て花崗岩で覆われ、屋根裏階まで含めると4階建ての荘重な建物であった。第二尋常小学校には高等科は併設されなかったことと、借物でなく日本独自創建を優先したため第一尋常小学校と命名しなかったと思われる。(写真3左)はドイツ総督府実科中学校が竣工したときの校舎で丘陵にあった。現在は海軍関係の施設になって中に入ることは不可能であるが、玄関前の階段は昔のままである。卒業式・入学式の時の集合写真はこの階段を使うことが多かったという。1918年(大正7年)5月には生徒数576名となった。

急増する就学児童の増加に対し、民生部は1917年(大正6年)にもう一校の新設を決定した。1918年(大正7年)4月に落成した第一尋常高等小学校は、花吹町(武定路)に校庭面積17762坪(58600m2)、校舎は近世ゴシック式煉瓦造で建物総坪数は666坪(2200m2)であった。後年、13100坪(43200m2)の大運動場が拡張され、5年後の1927年(昭和2年)に完成した。名実共に日本最大級の運動場となり、青島における各種の行事に利用されるようになった。また、合わせると10万m2を越える日本一の小学校を誇った。この第一小学校には尋常科と共に高等科が設置された。1918年5月の記録では、尋常科児童750名、高等科生徒87名とある。

学校跡は現在、徳愛花園大酒店として使われている(写真4右)。玄関から入る花崗岩の石段は当時のままで、各教室はホテルの部屋に改装され宿泊は可能である。正面建家は二階建てであるが、奥は三階建てとなって、かなり大規模で日本内地で考えられない蒸気設備(冬の暖房)もあったようだ。その奥に43000m2の大グラウンド(現在は青島第二体育場)があった。日本内地の小学校が木造であったのに対し、大学並みの荘厳な建築物であることが周囲を一周することで認識できる。その後、青島における商工業発展に伴い第三・四方・滄口の小学校を増設し、全部で6校があった。

関連記事(外部サイト)