「世界一安全な都市」東京が3連覇=中国ネット「ウルムチって話では?」

「世界一安全な都市」東京が3連覇=中国ネット「ウルムチって話では?」

31日、「世界一安全な都市」ランキングで日本の東京が3連覇を達成した。これについて、中国のネット上ではさまざまな声が上がっている。写真は東京。

2019年8月31日、中国メディアの頭条新聞は、「世界一安全な都市」ランキングで日本の東京が3連覇を達成したと報じた。

記事は、英誌エコノミストの調査部門がこのほど、世界の主要60都市の安全性を指数化したランキングを公表し、東京が15年と17年の調査に続いて今回も1位に選ばれたと紹介した。

調査は世界の主要60都市を、サイバーセキュリティー、医療・健康環境、インフラ、個人という4分野、計57の指標で検証。総合スコアは、1〜7位が東京、シンガポール、大阪、アムステルダム、シドニー、トロント、ワシントンDCの順で、コペンハーゲンとソウルが8位タイとなり、10位がメルボルンだった。

記事はまた、香港が17年の9位から今回は20位へと転落したことも伝えた。

これについて、中国のネット上では「世界で一番安全な街は(中国新疆ウイグル自治区の)ウルムチって話では?」「どうやら違うらしい」との声が上がっていた。

また「香港の順位が大きく下がったことを見ると、このランキングは信じていいようだ」との反応もあった。

一方で、「日本からは最近、無差別殺人や中国人留学生殺害のニュースがよく伝えられるけど、本当に治安は良いのか」と指摘する人もいた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)