ウイグル代表の美人女優ディリラバ、自分の美貌には不満?「謙虚すぎる」と称賛―中国

ウイグル代表の美人女優ディリラバ、自分の美貌には不満?「謙虚すぎる」と称賛―中国

ウイグル美女の代表格として人気の高い中国の女優ディリラバが、自身が思う美女の定義を語り、ネットユーザーから「謙虚すぎる」と称賛を浴びている。

ウイグル美女の代表格として人気の高い中国の女優ディリラバ(迪麗熱巴)が、自身が思う美女の定義を語り、ネットユーザーから「謙虚すぎる」と称賛を浴びている。

中国の少数民族・ウイグル族はトルコ系のエキゾチックな顔立ちで知られ、広い中国大陸でも有数の美女の産地として有名。近年では、ウイグル族の女優たちがドラマや映画で大活躍しており、その代表格がディリラバとグリナザ(古力娜扎)の2人だ。

このほどネット上に、新疆ウイグル自治区は美人だらけというのを強調するパワーワードとして、「3歩進めばグリナザに出会い、5歩進めばディリラバに会える」との言葉が浮上し話題に。ウイグル美女の代名詞に起用されたことで、中国メディアのインタビューを受けたディリラバは、この言葉を「知っている」とコメント。また、「新疆には確かに美人が多いけれど、どの土地へ行ってもきれいな女の子はたくさんいる」と謙虚に語っている。

なお、このインタビューでディリラバは自身が思う美人の定義を挙げ、「小柄で色が白く、唇が厚めで笑うとエクボができればかわいいし、見ていて癒やされると思う」とコメント。「私は体がいかついので」と、自分の思い描く理想にはかなり遠いことを語っている。

こういったディリラバの対応にネットユーザーからは、「いつも謙虚だから人気があって当たり前」「別格の美女なので謙虚もイヤミにならない」「超絶美女で性格もよければ、ツッコミどころがない」などといった称賛の声が集まっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)