日韓関係の緊張が高まる中、日本の貿易収支が2カ月連続赤字―中国メディア

日韓関係の緊張が高まる中、日本の貿易収支が2カ月連続赤字―中国メディア

18日、中国メディアの新浪新聞は、日韓関係の緊張が高まる中、輸出から輸入を差し引いた日本の8月の貿易収支は1363億円の赤字と、2カ月連続の赤字となったと報じた。資料写真。

2019年9月18日、中国メディアの新浪新聞は、日韓関係の緊張が高まる中、輸出から輸入を差し引いた日本の8月の貿易収支は1363億円の赤字と、2カ月連続の赤字となったと報じた。

記事は、日本の財務省が18日発表したデータによると、8月の輸出は前年比8.2%減の6兆1410億円と9カ月連続減少し、輸入は12.0%減の6兆2773億円と4カ月連続減少したと伝えた。

そして、「日本経済新聞によると、ドル建ての原油価格は昨年に比べて下がっているものの、日本の8月の輸入数量は前年比マイナスとなっており、内需の鈍化が顕在化している」「世界的な貿易環境の悪化の影響を受け、日本の8月の米国向け輸出は前年比4.4%減となり、うち自動車が13%減った。韓国向け輸出は、日韓関係の悪化により、半導体等製造装置が大幅に減少した」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)