人民元の紙幣を使ったケーキが中国で人気、弁護士は「違法行為」と指摘も中国ネットからは反論多数

人民元の紙幣を使ったケーキが中国で人気、弁護士は「違法行為」と指摘も中国ネットからは反論多数

23日、新浪財経は、人民元の紙幣を使ったケーキが中国で人気になっているが、違法行為であるため注意するよう促す記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2019年9月23日、新浪財経は、人民元の紙幣を使ったケーキが中国で人気になっているが、違法行為であるとして注意するよう促す記事を掲載した。

記事によると、最近中国では、人民元をテーマにしたケーキや花束が人気を博しているという。記事にはそうしたケーキや花束の動画が付いており、例えばケーキの上にある「誕生おめでとう」と書かれた紙を引っ張ると、その下に100元札が何枚もつながって出てくるものや、100元札を丸めて花の形のようにしたものなどが紹介されている。

しかし、ある弁護士は「中華人民共和国人民元管理条例の規定によると、人民元を模造、損壊する行為は違法行為に属し、行政執行機関は警告や罰金を科すことができる」と指摘。こうした商品をむやみに買わないよう、消費者に注意を促した。

これに対し、中国のネットユーザーから「別に損壊していないのだから、この理由は成立しない」「これは模造も損壊もしてはいない。いったいどの法律に違反したというのだ?」などと反論するコメントが多く寄せられた。

ほかには、「ただ楽しんでいるだけなのに、そんなに真面目にならなくてもいいじゃないか」「なんでも管理したがるんだな。ほかにもっと管理すべきことがあるだろう」「米ドルでやればいいだけ。人民元を使うとガラスのハートの人を傷つけるよ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)