中国の軍事パレード練習見た台湾メディア感嘆「台湾軍はイチゴ兵」

中国の軍事パレード練習見た台湾メディア感嘆「台湾軍はイチゴ兵」

27日、観察者網は、中国建国70周年記念軍事パレードの練習を見た台湾メディアの記者が「台湾の『イチゴ兵』は……」と感嘆したと報じた。写真はCCTVの映像。

2019年9月27日、観察者網は、中国建国70周年記念軍事パレードの練習を見た台湾メディアの記者が「台湾の『イチゴ兵』は……」と感嘆したと報じた。

記事は、台湾・聯合新聞網の記者が、軍事パレードの練習などを行っている中国本土の「閲兵村」を訪れ、厳しいパレード練習の様子を伝えるとともに、軍楽隊の演奏を「驚くほど気合の入った演奏」と評した上で「それに引き換え台湾の『イチゴ兵』は……」と報じたことを紹介した。

そして、台湾軍の兵士がこれまでしばしばその体力のなさから、現地メディアより「見かけは立派だが中身は非常にもろい『イチゴ兵』」と皮肉めいた形容をされてきたことを説明している。

記事はその上で、聯合新聞網の報道により一部の台湾ネットユーザーから「自分の味方をおとしめる報道だ」との批判が出る一方で、「本土と台湾の軍隊を比べれば、どちらが勝つかは火を見るよりも明らか」だと反論するユーザーも見られたとした。

さらに、今回の軍事パレードについて、民進党政権寄りのメディアからは「台湾や周辺地域に中国軍の実力を見せつけ、脅かすものだ」との見方が出ていることも併せて紹介した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)